小説 ツチグモ~夜明けのないまち~

主人公の高校生勇助は片想いの恋をしているが、臆病で声を掛けられない。

だが勇助は好きな相手である赤池に近づきたくて、苦手なホラーゲームに挑戦する!ところが、プレイした途端、最新システムが発動し、勇助はそのゲーム『TSUCHIGUMO(ツチグモ)~夜明けのないまち~』の世界に閉じ込められてしまった!

その世界はまるで恐怖のテーマパーク。常に死の危険と隣り合わせのアトラクションばかり!

しかもゲーム内で死んだら、現実世界でも死んでしまうという恐るべきルール。

そんな恐怖の世界から生きて脱出するために定められたルールは、まちに散らばった8匹の蜘蛛を集めることだとか。

勇助は、ゲーム内で出会った赤池や可愛い後輩ちゃんなどの仲間と一緒に、ゲームの脱出を図るが、果たして──

(現在連載中断しています。再開するかは微妙です)

 

最後の方でじわっとくるホラー短編集

普通のホラーに飽きたらどうぞー。廃園となった遊園地のミラーハウスにあると噂される、『真実の間』にまつわる短編集。本当の自分に会えるという真実の間とは……?おまけを含む、全6話収録。(こちらは期間限定で、投稿サイト『小説家になろう!』の企画に合わせて制作しました。ぜひ、当サイトに遊びに来てください)

 
 
 

×××

​準備中

僕らは1.5回目を生きる。Vol.1 決意編(上巻)

子供の頃は人生が輝いていたのに、大人になったら無職で劣等感だらけの幸二と、晃逸と結婚し子供がいるものの自分の人生に疑問を抱く志乃。自分のキャリアを絶対に正しいと信じ、幸二に密かな敵対心がある晃逸と、地味子から雑誌のモデルへと大変身した咲子、小児性愛者の陽翔、同じく男の子が大好きな小学校教師見習いのひかり。この6人の男女が突然、小学生だった過去にタイムリープ!? 6人はそれぞれの胸の内を隠しながら、元の時代に戻ろうとするが……?

© 2017 by Yuji Ozaki